お正月におせち料理を食べる人ってどれぐらい?

皆さんはお正月におせち料理を食べますか?

昔からお正月には親族集まっておせち料理を食べるというのが日本の文化。

でも、核家族化が進んだことや、女性も働きに出るのが主流になったことで、年々おせち料理を準備して皆で食べることは少なくなってきていました。

また、おせち料理って特別美味しいというものでもないのが事実。

だからこそ、何万円もかけるのはもったいないと思う人も増えてきたのかもしれません。

しかし、ここ2~3年あたりからおせちを食べる家庭がまた増えているというデータもあります。

なんと一時はおせち料理に対する意識が下がっていたにも関わらず、今ではなんと約9割もの家庭がおせちを食べているのだとか!

理由としては、「親族が集まる機会が減ったからこそお正月ぐらいはきちんと過ごしたい」、「子どもに日本文化を教えたい」、「良質な和料理を意識的に食べる習慣をつけたい」などなど。

昔は、お正月の風物詩として意識なく準備していたおせち料理。

しかし、最近では、ホンモノ思考の人や食の安全性を重視する人、日本文化の大切さを知る人が増えてきたこともあり、おせち料理への意識が高まっているようです。

おせちって手作りするのはとても大変だし、購入するにしても高額な費用がかかるもの。

でも、せっかく昔から受け継がれてきた大切な日本の文化。

次の世代に受け継ぐためにも、風情ある和料理をじっくり味わうためにも、頑張っておせち料理を準備したいものですね。